日本プライマリ・ケア連合学会
日本プライマリ・ケア連合学会

  1. HOME
  2. 学会について:本学会について

本学会について

理事長挨拶

平成31年4月
草場 鉄周

 2019年4月に日本プライマリ・ケア連合学会の第3代理事長に就任致しました草場鉄周と申します。ホームページを訪れて頂いた皆様に一言ご挨拶を申し上げます。
 1978年設立された実地医家の会に源流を持つ日本プライマリ・ケア学会、1986年設立の日本家庭医療学会、そして1993年設立の日本総合診療医学会が、国民や医療界に「総合医・家庭医の役割」の重要性を認識してもらうことを目的に、2010年に合併して誕生した本学会を取り巻く環境はこの10年で大きく変わって参りました。私どもの領域に対する社会的認知は着実に進み、国や自治体はもちろん医療系の諸団体やマスコミ、また国民の間で「プライマリ・ケア」「総合診療」「家庭医療」という言葉が自然に語られ、期待する声も高まっていることは大変嬉しく誇らしいことです。その一方でその存在やあり方が世間にさらされる中で生まれる誤解や反発も依然として根強く、これからの10年間は急激に進行する人口減少と高齢化に直面する日本にどのようなプライマリ・ケアを根付かせて持続可能な質の高い医療体制を構築することができるかが問われる重要な局面と考えております。
 本学会はこうした時代認識を基盤としながら、「人々が健康な生活を営むことができるように、地域住民とのつながりを大切にした、継続的で包括的な保健・医療・福祉の実践及び学術活動を行う」という本学会の趣旨を踏まえ、中期的には日本社会の基盤インフラとしてのプライマリ・ケアの確立を目標としながら、プライマリ・ケア診療の普及と質向上支援、プライマリ・ケア領域の専門職の養成とキャリア支援、臨床研究や国際活動を中核とした学術的な発信を3つの柱とした活動を展開して参ります。
 本学会には思慮深く経験あふれるベテランの方から探究心と好奇心旺盛な若手の方まで幅広い会員が1万人以上集結しており、それこそが最大の財産であると常日頃考えております。理事会や委員会、部会、またブロック支部・都道府県支部をハブとしながら、こうした会員の日々の小さな活動をくみ上げて、一つの形にまとめ上げることができれば、上記の3つの事業において私どもが社会に大きく貢献できると信じております。
 その旗振り役として微力ながら懸命に務めて参りたいと考えております。会員あるいは非会員の方も含めて、本学会のこれからの活動にご期待を頂き、温かいご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

設立趣旨

 本学会は、人々が健康な生活を営むことができるように、地域住民とのつながりを大切にした、継続的で包括的な保健・医療・福祉の実践及び学術活動を行うことを目的とする。

学会の概要

 2010年4月1日社団法人日本プライマリ・ケア連合学会がスタートした。「連合」という単語が含まれているのは3つの学会が合併したからである。

 旧日本プライマリ・ケア学会は1978年に設立された。実地医家のための会が母体となり、「従来の医学が大学中心の医学であって必ずしも第一線の医療に役立っていないこと、社会に役立つ有用性のある学問が必要なこと、そして第一線の医療に携わっている医師たちが自分たちのデータを持ち寄って発表し合う学会が必要であること」を謳った。「医療のための学会」「病人と人間の安全のための学会」を強調した。どのような専門領域を持つ医師でも入会し、かつ医師ばかりでなく、歯科医師、薬剤師、看護職、介護職なども正式の会員となることができた。開業医が多く参画し、ここ数年は高齢者に対する多職種協働地域ケアを活動のテーマにしてきた。
旧NPO法人日本家庭医療学会は1986年に家庭医療学研究会として発足した。「病んだ一人の人間を、その人の家庭を、そしてその背後にある地域を1個のまとまりあるものとして取り扱う、つまり人間と家庭と地域を統一体としてとらえる家庭医療を求めて、家庭医を養成し、より活発な研究組織を作ることをめざす」とした。臓器別専門医を縦型専門医とすると家庭医は水平型専門医をあらわしている。米国の家庭医療教師協会を範とし、若手家庭医の育成に重点を置いてきた。
旧日本総合診療医学会は1993年に研究会として設立された。大学病院や臨床研修指定病院の総合診療部に属する医師が参加した。設立の目的は、「全国の総合診療部(科)を組織化して、総合診療とその研究分野および研究の方法論を確立させること」にあった。
合併の目的は、国民や医療界に「総合医・家庭医の役割」の重要性を認識してもらうことである。国民にはかかりつけとして家庭医を持ち病院依存体質を是正するように啓発し、医療界ではプライマリ・ケア部分も医学研究の重要な対象であり、医学教育においてはその中心であることを強調していきたい。

 2011年3月15日日本医学会加盟が認められた。

会員数

会員総数 11,890名 (2019年2月末日時点)

医師 10,470名
歯科医師 56名
薬剤師 785名
コメディカル 478名
学生 86名