1. HOME
  2. 学会誌・研究活動:投稿規定
  3. 日本語会誌

投稿規定

日本語会誌

1.編集方針

 日本プライマリ・ケア連合学会誌(以下本誌)は,プライマリ・ケアや総合診療に関連した医療従事者が日々の診療の拠り所となる情報を提供することを目的とする.併せて,日本国内外のプライマリ・ケア領域での研究や診療,および教育の発展を促進することを目的とし,そのための議論の場を提供する.また本誌は,投稿および査読の過程を通じ,会員が自らの研究能力を向上するための機会を提供する.
 本誌では,プライマリ・ケア領域およびその近接関連領域での研究,診療,教育に関連し,その発展に寄与する論文を広く受け付ける.中でも,① 社会に目を向けた論文,② 総合的な診療にかかわるすべての専門職が行う日々の診療行為に影響を与える論文,③チーム医療・職種間の連携(医療機関の内外における職種間の連携,啓発,教育を目的とした論文など),④ プライマリ・ケアに従事するメディカルスタッフの教育に関する論文を歓迎する.
 本誌は,研究の実施および出版の包括的なガイドラインとして,International Committee of Medical Journal Editors Recommendation for the Conduct, Reporting, Editing, and Publication of Scholarly Work in Medical Journals(ICMJE Recommendations2013)1)に準拠する.また,出版倫理とミスコンダクトへの対応ガイドラインとして,Committee on Publication Ethics(COPE)のFlow Chart 2)に準拠する.更に,研究デザインに応じた報告ガイドライン(EQUATOR Network 参照)3)に準拠する.
 引用
 1:http://www.icmje.org/recommendations/
 2:http://publicationethics.org/files/Full set of flowcharts_0.pdf
 3:http://www.equator-network.org/

2.査読方針

 本誌に投稿されたすべての原稿は,査読によって掲載の可否が決定される.編集長は,査読前および査読終了後であっても,本誌の趣旨から外れる論文や,本規定を著しく逸脱する論文,および編集委員が不適切と判断した論文に対して,修正を求めたり,掲載を拒否することがある.
 編集委員および査読者は,その論文の科学的および医学的意義,方法論や結果の解釈の妥当性,および研究の限界とバイアスの取り扱いを評価し,教育的な視点から建設的な助言を行う.査読者からの答申に基づき,編集委員は出版の可否を判断する.

3.投稿資格

 会員および会員以外の投稿を受け付ける.プライマリ・ケアに関わる全ての職種からの投稿を歓迎する.

4.不正行為の禁止

1) ( 不正行為の禁止)論文の投稿に関する不正行為を禁じる.下記は代表的な不正行為である.
図や表の捏造,改竄,および他者の論文などの剽窃を行うこと.
虚偽あるいは過誤を有するデータであることを知りながら,意図的に投稿すること.
著者自身のものではないデータを投稿すること.
他誌に投稿したことを隠して投稿すること.
内容を知らない論文の資金提供者になったり,推薦すること.
研究に加わっていないにも関わらず,自らの名前を載せることを許可すること.
研究に参加しなかった者や,論文内容を承知していない者の名前を,共著者に加えること.
プライオリティのある先行研究を,故意に無視したり,文献から除くこと.
著作権について虚偽の申請をすること.
2) ( 多重投稿・多重出版の禁止)原稿は,他誌に掲載されていないもの,かつ他誌に寄稿中でないものに限る.ただし,ICMJE’s recommendation のD.3 Acceptable secondary publication に該当するものは多重投稿とは見做さない.
他誌とは,PubMed,医学中央雑誌などに収載された学術誌とこれに準ずるものを言う.学会発表とそれに伴う抄録集への収載は多重投稿とはみなさない.
上記以外の他誌(報告書や記録集など)に寄稿,掲載された論文は,その旨を明記すること.個々の事例については編集委員会が適否を決定する.
ウェブサイトにおける公表に関する留意事項:もし研究成果のすべてまたは一部が既にウェブサイトにおいて公表されていればその研究成果の投稿は二重投稿とみなされる.逆に,ウェブサイトによる公表が雑誌掲載後になった場合,本誌を引用文献として明示しなければならない.本誌に掲載予定の論文がウェブサイト内に掲載されることがある.この場合,その論文が同一であり同一の著作権がある場合には二重投稿とならない.
3) (不正行為の評価)
出版倫理とミスコンダクトへの対応は,COPE のFlow Chart に準拠する.
4) (不正への対応)
論文の査読中に不正行為が発覚したときは,当該論文を不採択とし,筆頭著者および共著者を一定期間の投稿禁止措置とする.
論文の掲載後に不正行為が発覚したときは,本誌で速やかに不正行為の発覚と当該論文の撤回について公告する.筆頭著者および共著者は一定期間の投稿禁止措置とする.
不正行為が発覚したときは,経緯および調査結果を速やかに学会のウェブサイトで公表する.
会員による悪質な不正行為は,この罰則に加えて,懲戒に関する規則に基づいた手続きの対象とすることがある.

5.内容

1) 原著(「研究」,「症例報告」)と「総説」,「活動報告」,「報告」,「速報」,「編集者への手紙」について投稿を受け付ける.
「活動報告」とは,各種の調査報告など資料として活用できるものとする.量的または質的方法を使用した調査ではなく,単に公衆衛生活動または教育活動の紹介のみの場合は活動報告として扱う.
上記以外のものはすべて原著論文として投稿していただく.
「報告」とは,内外の関連学会参加記などとする.
「速報」とは,予報的なものを含めて特に掲載を急ぐ必要のあるものとする.
「編集者への手紙」の欄を置き,掲載済みの論文に対する質疑その他会員の自由な意見交換の場を設ける.
2) 症例報告などで患者情報の記載のある論文については,患者のプライバシーに十分配慮し,インフォームドコンセントを得たうえで投稿し,別紙の承諾確認書を編集委員会に提出する.
3) 人を対象とする医学系研究に関する倫理指針,あるいは疫学研究や臨床研究に関する倫理指針等医学研究に関する指針で倫理委員会の承認を必要とする研究は,倫理委員会の承認を受けた旨を本文中(方法)に記載にする.該当しない研究であっても,倫理的配慮については本文中(方法)に記載する.
4) 臨床試験は,臨床試験登録公開システム(UMIN CTR など)に登録する(http://www.umin.ac.jp/ctr/index-j.htm).
5) 前向きランダム化比較試験(randomized controlled trial:RCT)ではCONSORT 声明に従う.拡張版がある場合は準拠する.
6) 「 ランダム化比較試験」以外の研究では,研究デザインごとに報告ガイドラインが定められている.事前に必ずEQUATOR network(http://equatornetwork.org)を参照すること.また,拡張版がある場合は準拠すること.以下に,代表的な研究デザインに対する報告ガイドラインを例示する.
観察疫学研究:STROBE
診断精度の研究:STARD(2015年11月以降に計画された研究は,STARD2015 に準拠することを推奨する)
システマティックレビュー・メタ分析:PRISMA
症例報告:CARE
質的研究:SRQR
7) 「特集」「連載」の欄を置き直近の総合的な診療の発展,問題点を解説する.
8) その他,会報,総会および地方会など本学会が行う行事の予報,記録および編集委員会で必要と認めた事項を掲載する.

6.原稿の受付・受理および著作権

1) 投稿論文審査において,編集委員長,担当編集委員,査読者が投稿論文に関してCOI が生じないようにする.原稿は編集委員会で審査する.原著については,2 名以上の審査員の審査結果に基づき編集委員会が採否を決定し,採択の決定日を受理日とする.受付日と受理日を雑誌内に表記する.
2) 原稿はE メールで受け付ける(やむを得ない場合,郵送で受け付ける).その際別紙の承諾確認書を用いて著者全員の承諾を示す署名をPDF ファイルで付すこととする.また自己申告によるCOI報告書もPDFで付すこととする.筆頭者は本文末尾に,利益相反に関する記載を行う.
E メール送付時の注意:
添付ファイルとして送付,
データ容量が10MB以上のときはE メールでは送らないで郵送とする.
タイトルページと本文を分けて2つのファイルとする.
本文には,ページ番号と行番号(各ページごと振り直し)を表示する.
表はMicrosoft Office Word(version 97-2003 以降)を使用し,一つのファイルとする.
図は,全ての図をMicrosoft Office PowerPoint(version 97-2003 以降)に貼り付けて,一つのファイルとする.したがって,図および表を含む論文の場合,タイトルページ,本文,表,図の,計4つのファイルより構成される.抄録は本分の冒頭に,文献および図・表の説明は本文末尾に記載する.
3) 原稿はAサイズ用紙を使用し,1頁に1200字で印刷し全体で別記(規程末尾ページの表参照)に合致すること.図表は400字を1枚と換算する.
4) 原稿を郵送の場合は以下のものを同封すること:
希望掲載項目,タイトル,著者名と所属,連絡先(郵便番号,住所,電話番号,Fax,Email アドレス)を明記した寄稿連絡箋
本文,図表3 セット
上記を収めたCD 1 枚
5) 論文掲載の採択が本学会から通知されたら,最終原稿をE メールで送るかまたは郵送で1通とそれを収めたCDを送付すること.
6) 本誌ならびに本学会が採択するホームページ上に掲載した論文の著作権はすべて本学会に属する.
7) 本誌に掲載した論文の無断掲載を禁ずる.
8) 送付された論文原稿は返送しない.

7.原稿の記載順序・形式

1) タイトルページ:希望掲載項目名,論文題名,著者名,所属機関および所在地,英文の題名・著者名・所属機関および所在地,key words(日本語とその英語を5 語以内),著者連絡先とそのEメールアドレス.
2) 本文のページには,和文抄録,英文抄録(症例報告はなくともよい),本文,謝辞,文献,図表の説明の順に記載する.
3) 原稿は,①タイトルページ,②本文(抄録,文献,図表の説明文を含む),③表,④図の順番で計4つのファイルに分けて記載する.英文抄録分は文字制限8000字に含まれない.

8.和文抄録と英文抄録

1) 英文抄録は必ずダブルスペースでタイピングし著者名にM.D. などの称号を付ける.また題名,著者名(名を先,姓を後),所属機関,英文抄録の順に記載する.なお症例報告で英文抄録を付さない場合でも英文の題名,著者名,所属機関名を付記する.
2) 抄録中に略語を用いるときは,初出のときに正式の用語を用い,略語は( )に示す.
3) 原著の場合の抄録は構造化抄録とし,目的,方法,結果,結論に分けて記載する(400字以内).原著の場合の英文抄録も同様に,Introduction, Methods, Results, Conclusion に分けて記載する(250語以内).原著以外の抄録は,要旨が十分に読み取れる内容とする.
4) 抄録は,和文と英文で同じ内容とする.

9.本文

1) A4の用紙に1頁40字×30行,横書きで印刷する.
2) 原稿はパソコンを用いる.郵送の場合は,使用機種,ソフト,ファイル名を明記したCDを添え,ファイル名と著者名,提出日時をラベルで貼ること.テキストファイルにできない場合は作成ソフトを明記する.
3) 原稿は,ひらがな,常用漢字,現代かなづかいを用い,正確に句読点をつけ,はじめに,方法,結果,考察の順に記載する.なお原著以外では結果と考察を一つの項としてもよい.
4) 学術用語は,「医学用語辞典」(医学書院,2012)などによる.
5) 本文中にたびたび繰り返される用語の代わりに略語を用いてもよいが,抄録,本文とも初出のときは正式の用語を用い,その際(以下○○○と略す)と断る.
6) 外国語,外国人名,外国地名は原語で書く.固有名詞,および文頭に来た語句のみ最初の1 文字を大文字,他は小文字とする.外国語で一般的に日本語化しているものを日本語で表すときはカタカナを用いる.
7) 薬剤名は一般名で記載する.
8) 図表は1枚を400字に換算する.図表の挿入個所は本文原稿の欄外に赤字でそれぞれの番号によって指示する.図表の説明文は日本語でも英文でも可.
9) 論文中に顔写真を使用する場合は,患者または親権者に許可を得ておく.また,許可を得たことを写真の説明の中に明記する.やむを得ない場合は患者の同定が不可能なように工夫する.
10) 数字はアラビア数字を用い,数量の単位は本文,図表ともkm, m, mm, μm, L, dL, mL, μL, kg, g, mg, μg, mEq/L, mg/dL などを用いる.mm3, cmmは用いずμL を用いる.

10.文献

引用文献は論文と直接関連するもののみにとどめ,本文の最後にまとめ,引用順に配列する.本文中には文献番号を肩付きとし,引用個所に記載する.
文献の記載方法は次に示す通りである.
欧文の引用論文の標題名は,頭の1 文字以外はすべて小文字を使用し,雑誌名の略称は,欧文雑誌では PubMed(http://www.ncbi.nlm.nih.gov/nlmcatalog/journals)に従い,和文の場合には正式な略称を用いること.著者複数のときは,主著者を含め3名まで氏名を記載し,その他の共著者を「, et al」または,「,他」と記す.
1) 雑誌の掲載記事は,著者名(姓を先とする).論文名.誌名.出版年;巻(号):最初のページ-終わりのページ.(DOI).
日本語論文は,
   矢野桂子,長尾みづほ,一見良司,他.インフルエンザA(H1N1)pdm09 入院症例の臨床経過に関する検討.日本プライマリ・ケア連合学会誌.2013;36(3):160-165.
英語論文は,
   Wagner JM, McKinney WP, Carpenter JL. Does this patient have appendicitis? JAMA. 1996;276(19):1589-1594.
書誌情報とDOIの双方が利用できるものは,
  Efficacy of folic acid therapy in primary prevention of stroke among adults with hypertension in China:The CSPPT Randomized Clinical Trial. JAMA 2015;313(13):1325-1335. doi:10. 1001/jama.2015. 2274.
Online JournalやOnline First等でDOIのみが利用できる場合は,
   Goto M, Yokoya S, Takemura Y, et al. Describing the factors that influence the process of making a shared-agenda in Japanese family physician consultations:a qualitative study. Asia Pac Fam Med 2015;14(1):6. doi:10 . 1186/s12930-015-0023-6.
2) 単行本は,著者名(姓を先とする).書名.版.出版社の所在地:出版者(社);出版年.ページ.翻訳書等の二次出版は,著者名.書名.版.二次出版の著者,役割(編,訳等).出版社の所在地:出版者(社);出版年.ページ.
 Neighbour R. The inner consultation. 2nd ed. Abington:Radcliffe Publishing Ltd;2005. 13-19. Neighbour R. The inner consultation. 2nd Japed. Kusaba T, transl and ed. Bukyo-ku:Kaishorin;2014. 17-28.
 書籍中の一章の場合は,章の著者名.章のタイトル.章の発行所の所在地:章の発行所名;章の発行年.章のページ.書籍の著者/ 主編者名(編者の場合はeditor).書籍のタイトル;巻があれば巻数.
 Stewart M, Brown JB, McWilliam CL, et al. The first component:Exploring health, disease, and the illness experience. London:Radcliffe Pub- lishing Ltd;2014. 35-66.(Stewart M, Brown JB, Weston WW. Patient-Centered Medicine trans- forming the clinical method. 3rd ed.)
3) ウェブサイト中の記事は,著者.記事のタイトル[メディアの名前].発行者の所在地:発行者;発行日.[更新/ 改定の日付;閲覧日].入手元:URL 文部科学省,厚生労働省.「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」の制定について.東京:文部科学省・厚生労働省;22 Dec 2014.[not revised;cited 20 July 2015]. Availablefrom:http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/26/12/1354186.htm

11.原稿枚数,図(写真),表

1) 和文抄録,図(写真),表,文献を含めた枚数は,寄稿規程の末尾のページの表の枚数以内とする.図表の字数への換算は同表の「図(写真)・表」の項を参照のこと.
2) 英文抄録および「編集者への手紙」は表題,所属,氏名を含めたものとする.
3) 図(写真)・表は,本文とは別に添付し,本文中に図(写真)・表が挿入されるべき位置を明示する.
4) 図(写真)は現物をスキャンしたデータファイルでの保存・送付が望まれる.スキャンできない場合はそのまま製版できる鮮明なものに限る.図(写真)表は原則としてモノクロームで印刷する.
項目 40字×30行(1200字)詰めA4用紙 図(写真)・表 抄録
原著(研究)および総説 8000字以内(図・表,和文抄録,文献を含める)
掲載予定4ページ
4個以内
(1個は400字に相当)
和文:400字以内
英文:250語以内
原著(症例報告) 3200字以内(図・表,和文抄録,文献を含める)
掲載予定2ページ
3個以内
(1個は400字に相当)
和文:400字以内
英文(なくともよい):200語以内
活動報告,報告 3200字以内(図・表,文献を含める)
掲載予定2ページ
2個以内
(1個は400字に相当)
和文:200字以内
英文(なくともよい):200語以内
速報 1200字以内(図・表,文献を含める)
掲載予定1ページ
1個以内
(1個は400字に相当)
和文:200字以内
英文(なくともよい):200語以内
編集者への手紙 800字以内    
*上記文字数を厳守すること.

12.引用・転載の許諾について

 他著作物からの写真・図・表および文章の引用・転載については,最近特に著作権保護の重要性が強調されているため,著作権の保有者より予め許諾を得ること.

13.校正

 著者校正は1 回のみとし以後は編集委員会で行う.また校正時の原稿の加筆,修正は誤字などのほかは認めない.

14.推敲期間

 論文の推敲期間は2 か月とし,それ以後に寄稿された場合は新規論文として扱う.

15.掲載料

1) 掲載料は無料とする.
2) 掲載論文の著者は別刷りを作製することができる.それに要する費用は著者の負担とする.別刷り希望部数は著者校正時に注文用紙に記入する.

寄稿原稿の送付先

Eメールで下記へ送付のこと.
〒113-0021 東京都文京区本駒込4丁目26-6
       上原ビル1F
電話 03-5685-5802 FAX 03-5685-5805
e-mail:generalist@kai-shorin.co.jp
カイ書林 日本プライマリ・ケア連合学会誌編集部 宛

承諾確認書(PDFで送付)

日本プライマリ・ケア連合学会誌に,

□原著(□研究,□症例報告),□総説,□活動報告,□報告,□速報,□編集者への手紙
(複数チェック可)

「                                    」

を寄稿し,掲載された論文の著作権は日本プライマリ・ケア連合学会誌に所属することとし,掲載された論文をオンライン化することを承諾します.
 今までに他の雑誌に掲載されていない,あるいは投稿中でない,すなわち二重投稿でないことを誓約します.
 症例報告と患者情報の記載のある論文については,患者のプライバシーに配慮し,寄稿に付きインフォームドコンセントを得ています.
 また他出版物の図表を引用する場合,転載許諾を得ることを誓約します.
 以上の事実を確認いたします.

 20○○年  月  日

 筆頭者名(自署):
 所属名:

 上記の件につき同意いたします.
 共著者氏名:
 共著者氏名:
 共著者氏名:
 共著者氏名:
 共著者氏名:
 共著者氏名:
 共著者氏名:
 共著者氏名:

承諾確認書の送付先

〒113-0021 東京都文京区本駒込4丁目26-6
       上原ビル1F
電話 03-5685-5802 FAX 03-5685-5805
e-mail:generalist@kai-shorin.co.jp
カイ書林 日本プライマリ・ケア連合学会誌編集部 宛

日本プライマリ・ケア連合学会誌:
自己申告によるCOI報告書

著者名:                                   
(共著者を含む)
論文題名:                                  
                                       
著者全員について,投稿時から遡って過去2年間以内での発表内容に関係する企業・組織または団体とのCOI状態を筆頭者が記載)
項目 該当の状況 有であれば,著者名:企業名などの記載
① 役員・顧問職
  1つの企業・団体から年間100万円以上
有 ・ 無  
② 株式の利益
  1つの企業から年間100万円以上,あるいは当該株式の5%以上保有
有 ・ 無  
③ 特許使用料
  1つにつき年間100万円以上
有 ・ 無  
④ 講演料
  1つの企業・団体からの年間合計50万円以上
有 ・ 無  
⑤ 原稿料
  1つの企業・団体から年間合計50万円以上
有 ・ 無  
⑥ 研究費・助成金などの総額
  1つの企業・団体からの研究経費を共有する所属部局
  (講座,分野あるいは研究室など)に支払われた年間総額が200万円以上
有 ・ 無  
⑦ 奨学(奨励)寄付などの総額
  1つの企業・団体からの奨学寄付金を共有する所属部局
  (講座,分野あるいは研究室など)に支払われた年間総額が200万円以上
有 ・ 無  
⑧ 企業などが提供する寄付講座
  (企業などからの寄付講座に所属している場合に記載)
有 ・ 無  
⑨ その他研究と無関係な提供
  旅費,贈答品などの受領

  1 つの企業・団体から年間5 万円以上
有 ・ 無  
(本COI申告書は論文掲載後2年間保管されます)       


                (申告日)  年  月  日

Corresponding author(署名)                      

日本プライマリ・ケア連合学会誌(日本語誌):
Eメールで寄稿時の投稿者チェックシート(PDFで送付)

 寄稿の際は,下記のチェックシートにチェックマーク☑を記入して,PDFで添付してください.

 *原稿は添付ファイルとして送付してください.
 *データ容量が10MB以上のときはEメールでは送らないでください.

タイトルページ
□ 希望掲載項目名,論文題名,著者名,所属機関および所在地,E メールアドレス,英文の題名・著者名・所属機関,
  keywords(日本語とその英語を5 語以内),連絡先を記載していますか?

本文
□ 原稿はWordファイルにしていますか?
□ 研究論文は,「はじめに」「方法」「結果」「考察」「結語」の見出しをつけて,それぞれを記載していますか?
□ ページ番号と行番号(各ページごと振り直し)を表示していますか?
□ 和文抄録,英文抄録(症例報告はなくともよい),本文,謝辞,文献の順に記載していますか?
□ 原稿は,タイトルページ,和文抄録,英文抄録,本文,文献,図表および図表の説明の順番でページを分けて記載していますか?
□ 文献の記載方法は,投稿規定に従っていますか?
□ 合計文字数は規定内に収まっていますか?


□ 表はMicrosoft Office(version 97-2003以降)を使用し,一つのファイルとしていますか?


□ 図は,全ての図をMicrosoft Office PowerPoint(version 97-2003以降)に貼り付けて,一つのファイルとしていますか?

したがって,図および表を含む論文の場合,
□ 1)タイトルページ,2)本文(抄録,文献,図・表の説明文を含む),3)表,4)図,の計4 つのファイルとしていますか?
□ 自己申告によるCOI報告書をPDFで添付していますか?
□ 承諾確認書をPDFで添付していますか?
□ このチェックシートをPDFで添付していますか?

チェックシートの送付先

〒113-0021 東京都文京区本駒込4丁目26-6
       上原ビル1F
電話 03-5685-5802 FAX 03-5685-5805
e-mail:generalist@kai-shorin.co.jp
カイ書林 日本プライマリ・ケア連合学会誌編集部 宛