日本プライマリ・ケア連合学会
日本プライマリ・ケア連合学会

  1. HOME
  2. 認定制度:認定制度
  3. 家庭医療専門医制度:新規申請

認定制度

家庭医療専門医制度:新規申請

2014年度 新規申請について

 募集期間:2014年5月1日(木)~5月31日(土)

一般社団法人日本プライマリ・ケア連合学会専門医・認定医認定制度要綱」、「家庭医療専門医の認定に関する細則」に基づき、2014年度家庭医療専門医の申請を受付けます。上記要綱および細則を熟読の上、申請してください。

受付開始:2014年5月1日から

1. 申請条件 -家庭医療専門医-

下記AもしくはB(1)、B(2)いずれかの条件をすべて満たしている必要があります。
※旧日本プライマリ・ケア学会のAコース、Bコース修了後の申請は今年度までとなります。

A.認定家庭医療後期研修プログラム修了後に申請する場合(現行要件)

  1. 日本プライマリ・ケア連合学会認定家庭医療後期研修プログラムを修了している、または2014年5月末までに修了見込であること。
    ※詳細は細則をご確認ください。
  2. 救急蘇生講習会を受講し、受講証明書を提出できること
    ※救急蘇生講習会とは、日本内科学会主催・認定のJMECC(内科救急・ICLS講習会)、ACLS協会、地域医師会、あるいは関連学会の認定したACLSコースならびにICLSコースを指します。受講証明書については受験申込み締切日より2年以内に受講したものを推奨いたしますが、現状では有効期限を過ぎたものであっても受付致します。
  3. 当該年度までの会費を完納していること
    ※申請までに2014年度会費を納入済であること

B(1).旧日本プライマリ・ケア学会(旧PC学会)のAコース修了後に申請する場合
    (認定医を経ず直接申請する場合) 【旧PC要件Aコース】
   ※本要件での申請は今年度(2014年度)までとなります。

  1. 会員歴:申請時点から遡る3年間、本学会の会員であり、かつこの間の会費を納入していること。
    ※申請までに2014年度までの会費を全額納入済であること
  2. 研修歴:卒後5年間で、以下の2つの場での研修を必修とします。
    1)中規模以上の病院または病院群での研修(2年以上)
    2)地域包括医療を実践している保健・医療・福祉施設群での研修(1年以上)
  3. 研修内容:
    研修のカリキュラムおよび経験量は、こちらをご参照ください。
  4. 救急蘇生講習会を受講し、受講証明書を提出できること
    ※救急蘇生講習会とは、日本内科学会主催・認定のJMECC(内科救急・ICLS講習会)、ACLS協会、地域医師会、あるいは関連学会の認定したACLSコースならびにICLSコースを指します。受講証明書については受験申込み締切日より2年以内に受講したものを推奨いたしますが、現状では有効期限を過ぎたものであっても受付致します。

B(2).旧日本プライマリ・ケア学会(旧PC学会)のBコース修了後に申請する場合
    (認定医取得後、申請する場合)【旧PC要件Bコース】
   ※本要件での申請は今年度(2014年度)までとなります。

  1. 会員歴:申請時点から遡る4年間、本学会の会員であり、かつこの間の会費を納入していること。
    ※申請までに2014年度までの会費を全額納入済であること
  2. 研修歴:2012年4月27日までに研修開始届を提出済であり、かつ2年間の実地研修を修了していること。
  3. 研修内容:研修のカリキュラムおよび経験量は、下記の通りです。
    1)研修期間中に50研修単位を取得する。なお、うち30研修単位は本学会が主催するワークショップ等より取得する。
    2)20研修単位は,本学会の認定指導医のもとで直接研修を受け認定されるものとする。
     この場合、2時間の研修を1単位として1日5単位を越えないこととする。
  4. 救急蘇生講習会を受講し、受講証明書を提出できること
    ※救急蘇生講習会とは、日本内科学会主催・認定のJMECC(内科救急・ICLS講習会)、ACLS協会、地域医師会、あるいは関連学会の認定したACLSコースならびにICLSコースを指します。受講証明書については受験申込み締切日より2年以内に受講したものを推奨いたしますが、現状では有効期限を過ぎたものであっても受付致します。

2.申請期間 -家庭医療専門医-

2014年5月1日(木)~2014年5月31日(土)(消印有効)

3.審査料振込 -家庭医療専門医-

審査料:50,000円 ※ご入金後の返金はできません
振込先
【郵便振替口座】
口座番号:00150‐5‐599937
口座名義:一般社団法人日本プライマリ・ケア連合学会
※明記事項:「2014年度家庭医療専門医申請」、「氏名(ふりがな)」、「会員番号」
*振込手数料は振込人の負担となります。
*領収書は発行いたしません。振込金受領書、利用明細書などを大切に保存してください。

4.申請書類 -家庭医療専門医-

A.認定家庭医療後期研修プログラム修了後に申請する場合(現行要件)

1.申請書
  署名欄は直筆の署名が必要です
事務局へ郵送してください
〒550-0001
大阪府大阪市西区土佐堀1-4-8 日栄ビル703A
有限会社あゆみコーポレーション内
日本プライマリ・ケア連合学会
「家庭医療専門医 申請受付(現行要件)」担当係
2.後期研修修了証の写し または修了見込証明書
3.救急蘇生講習会受講証明書の写し
4.提出書類チェックリスト(現行要件)
5.詳細事例報告書 事務局へメール添付してください
※会員番号、氏名(フルネーム)を記載する
jpca●a-youme.jp (●を@に変えてください)
6.簡易事例報告書
※詳細事例報告書…事例報告の各種要件についてはこちらPDFをご参照ください。

B.旧日本プライマリ・ケア学会(旧PC学会)のAコースまたはBコース修了後に申請する場合(旧PC要件)

1.申請書(旧PC要件)
  署名欄は直筆の署名が必要です
事務局へ郵送してください
〒550-0001
大阪府大阪市西区土佐堀1-4-8 日栄ビル703A
有限会社あゆみコーポレーション内
日本プライマリ・ケア連合学会
「家庭医療専門医 申請受付(旧PC要件・(AもしくはB)コース)」担当係
2.研修報告書(旧PC要件)
3.症例・事例報告集計表(旧PC要件)
4.救急蘇生講習会受講証明書の写し
5.提出書類チェックリスト(旧PC要件)(Aコース)または
  提出書類チェックリスト(旧PC要件)(Bコース)
6.症例・事例リスト(旧PC要件) 事務局へメール添付してください
※会員番号、氏名(フルネーム)を記載する
jpca●a-youme.jp (●を@に変えてください)
7.症例・事例報告書(旧PC要件)
※ 事例報告の数と内容については、細則PDFをご参照ください。

5.書類提出先 -家庭医療専門医-

〒550-0001 大阪府大阪市西区土佐堀1-4-8 日栄ビル703A
あゆみコーポレーション内
一般社団法人 日本プライマリ・ケア連合学会
「家庭医療専門医 申請受付」担当係

※表書きに「家庭医療専門医申請書類在中」と朱書きで併記し、書留や宅配便、レターパック等、記録が残る方法で送付してください。

重要!!申請書類提出後の通知について

申請書類が担当係に到着後、順次確認し、メールもしくはFAXにて「受理」または「不備につき再提出」の連絡をいたします。

※書類投函後2週間以上経過しても通知がない場合は、必ずお問い合わせください。
※「不備につき再提出」の通知に対し、指定した期限内に再提出が確認できない場合は、申請を無効とさせていただきます。
※申請に関する連絡は基本的にはE-mailで行います。E-mailの記入不備によりメールが届かなかいケースや迷惑フォルダに振り分けられているケースなどもございますので、書類投函後2週間以上経過しても通知がない場合は、必ずお問い合わせください。


6.受験票送付 -家庭医療専門医-

2014年7月上旬以降発送予定です。
※14日までに受験票がお手元に届かない場合は必ずお問い合わせください。

7.試験 -家庭医療専門医-

試験日時: 2014年7月20日(日)午後~7月21日(月・祝)午後(予定)
試験会場: クロス・ウェーブ府中
〒183-0044 東京都府中市日鋼町1-40
※今年度の専門医試験は二日間にわたって実施されます。受験者の方は全員二日間受験いただきますので、ご注意ください。

試験内容について

専門医試験は、MEQ試験(modified essay question 筆記試験)及びCSA試験(Clinical Skills Assessment 臨床実技試験)の両方が行われます。 MEQ試験の出題範囲については、こちらをご確認下さい。

CSA試験では、MEQの出題範囲に加えて『家庭医療専門医に必要な能力「IVプライマリ・ケアの価値観に基づくジェネラリストアプローチ」』の評価も行います。

ステーション1【一次救急】一次救急対応のステーション
ステーション2【小児・思春期の問題】小児・思春期患者の外来診療に関するステーション
ステーション3【心理社会的問題】心理社会的問題へのアプローチに関するステーション
ステーション4【日常病】日常病の外来診療に関するステーション
ステーション5【小外科】外来での小外科処置に関する実技試験のステーション
ステーション6【患者教育】禁煙等の生活習慣に対する行動変容アプローチに関するステーション
ステーション7、8【高齢者医療と主治医意見書】高齢者ケアに関するステーション

8.結果発表 -家庭医療専門医-

  1. 受験者の方には事務局より、9月上旬を目処に合否通知を郵送いたします。
    ※発送時期が9月上旬より遅延する場合は、HPにてアナウンスいたします。
  2. 合格された方には、登録料振込用紙、専門医登録申請書を同封いたしますので、 登録料 ¥10,000を振込、認定医登録申請書を提出してください。
  3. 合格者は2014年8月に開催される理事会の承認を経て正式に認定されます。
  4. 認定証は10月頃発送予定です。
    ※発送時期が10月上旬より遅延する場合は、HPにてアナウンスいたします。

問合せ先 -家庭医療専門医-

〒550-0001 大阪府大阪市西区土佐堀1-4-8 日栄ビル703A
あゆみコーポレーション内
一般社団法人 日本プライマリ・ケア連合学会 担当係
TEL:06-6449-7760 / FAX:06-6441-2055
E-Mail :