日本プライマリ・ケア連合学会
日本プライマリ・ケア連合学会

  1. HOME
  2. 医学生・研修医の方:医学生・研修医の方へ

医学生・研修医の方へ

 この100年間は、新しい治療・診断が次々と確立され、医療は専門分化していきました。 その結果、住民は障害や疾病を抱えながら生活できるようになり、それを支える医療を求めてきています。また家族形態、地域コミュニティは多様化・複雑化し、それに対応できる人材も求められています。ただ、様々な臓器を診られるだけではない、医療福祉関係者のみならず多職種で連携しながら住民を支えていく、患者全体・家族・地域を見ながら診療を行う、そんなジェネラリストの専門性があります。
 日本ではそのような専門性を持ったプライマリ・ケア認定医、家庭医療専門医が、すでに全国各地の診療所・病院で診療に従事しています。プライマリ・ケア認定薬剤師やプライマリ・ケア看護師の勉強会も開始しています。世界中にも仲間がたくさんいます。 さぁ、皆さんも我々と一緒に、新たな日本の医療の扉を開く総合診療医への道を歩んで行きましょう。