日本プライマリ・ケア連合学会
日本プライマリ・ケア連合学会

  1. HOME
  2. 後期研修制度:後期研修制度
  3. 若手医師のための家庭医療学冬期セミナー
  4. 第12回若手医師のための家庭医療学冬期セミナー

後期研修制度

若手医師のための家庭医療学冬期セミナー

ご挨拶 第12回 若手医師のための家庭医療学冬期セミナー

 家庭医療学冬期セミナーは、若手医師による若手医師のためのセミナーであり、プライマリ・ケアに関わる多くの方々にご参加いただいております。
 若手医師が家庭医療・総合診療・プライマリ・ケアについて知識やスキルを習得し、仲間と交流と結束を深めることを目指しております。
 今回で12回目を迎える冬期セミナーでは、テーマを以下のように掲げました。

躍 〜絆を紡ぎ 次のステージへ〜

 新専門医制度では基本領域の一つに総合診療専門医が加わることもあり、家庭医・総合診療医への関心は一層高まっており、冬期セミナーの参加者も年々増加しております。
 これまでの冬期セミナーでは、同じ志をもつ若手医師や先輩方が地域・世代・専門性・職種を超えて様々な繋がり−絆−を紡ぎ上げてきました。
 そして、今こそ、その絆を生かして、我々若手医師が一丸となって、より一層の高み−次のステージ−を目指すときであると考えました。
 冬期セミナーが全国の若手医師の躍進・飛躍を後押しいたします。

 皆様のご参加をスタッフ一同、心よりお待ちしております。

*詳細については当ホームページ上で随時更新いたします。

2016年8月 第12回若手医師のための家庭医療学冬期セミナー スタッフ一同