日本プライマリ・ケア連合学会
マイページ
日本プライマリ・ケア連合学会
  1. HOME
  2. 学術集会・各種セミナー:セミナー
  3. 春季・秋季生涯教育セミナー
  4. 第19回秋季生涯教育セミナー

セミナー

春季・秋季生涯教育セミナー

プログラム 第19回 秋季生涯教育セミナー

プログラム

 9月24日(土) 現地開催
11:30~
12:30
受付
12:30~
15:00
01
臨床と宗教
02
血ガス・ハンター Part 1 (代謝編)

03
Virtual realityで学ぶ在宅医療

04
HIV診療の疑問、なんでも答えます。

05
診療所で診るCKD患者と栄養指導

定員に達しました
06
続.医者の知らない法律の世界!

   
15:00~
15:30
休憩
15:30~
18:00
07
摸擬データを使って地域の健康づくりを立案しよう

08
漢方を楽しもう

09
シン・家庭医療専門医時代のメンタルヘルス診療

10
Mapping Uncertainty in Medicine

11
血ガス・ハンター Part 2 (呼吸編)

12
湘南鎌倉流!創傷処置実践と現場への落とし込み

   
 9月25日(日) 現地開催
09:00~
09:30
受付
09:30~
12:00
13
ポートフォリオ道場~薬剤師版~

14
こんな取り組みあったらいいな

15
症例をもとに行う教育カンファレンスの進め方

定員に達しました
16
コミュニティホスピタルを動かす重要評価指標(KPI)とは?

17
専攻医のためのEBMポートフォリオ作成のコツ


18
Psychiatry In Primary Care


   
12:00~
12:30
休憩
12:30~
13:30
19
医療人類学の使い方


20
2022年度 田坂賞記念講演


21
キャリアカフェmini

         
13:30~
14:00
休憩
14:00~
16:30
22
子ども虐待

23
激論!「いずれ来る死にそなえない」

24
理想の薬局とは

25
Multimorbidityを診療する上での手引き

26
医療の質や安全性を高める患者協働促進ツール

27
レジリエンス

28
実践! ひとりから始めるLGBTQsフレンドリーな医療機関

29
湘南鎌倉より発信! 学びの多いカンファレンスの開き方



 9月24日(土)WEB LIVE配信
10:00~
12:00
30
診断の質を高める

31
地域志向アプローチワークショップ

32
女性のキャリアとプロフェッショナルデベロプメント

定員に達しました
33
プライマリ・ケア遺伝診療のオーバービュー

34
JPCA教育講演コアシリーズ - JPCX ①

12:00~
13:00
休憩
13:00~
15:00
35
どうする?!リフィル処方箋 

36
プライマリ・ケア医のための「外来カルテの崩し方」

37
家族図道場~2022年秋の陣~

38
ケースレポートを書こう!

39
JPCA教育講演コアシリーズ - JPCX ②

15:00~
16:00
休憩
16:00~
18:00
40
冷えの漢方治療ーCommon Diseaseに活かすー

41
外来/訪問診療でいかに患者/家族の生活を診るか

42
みんなで若手の研究をサポートしよう!研究指導のFaculty Development

43
気候変動 X プライマリ・ケア

44
JPCA教育講演コアシリーズ - JPCX ③

 9月25日(日)WEB LIVE配信
10:00~
12:00
45
プライマリ・ケアの臨床に役立つワクチン

46
ぶっちゃけどうなの?慢性臓器障害×マルモ

47
マルチモビディティをバランスよく見るための妄想力を鍛えるカンファレンスをやってみよう!

48
家庭医・総合診療医こそスポーツ医学を実践しよう!

49
JPCA教育講演コアシリーズ - JPCX ④

12:00~
12:30
休憩
12:30~
13:30
50
医療人類学の使い方(現地から19の生配信)

51
2022年度田坂賞受賞記念講演
(現地から20の生配信)

     
13:30~
14:30
休憩
14:30~
16:30
52
心不全多疾患併存ケースの公開症例ディスカッション

53
オンライン診療 診断学ことはじめ<

54
病院とプライマリ・ケア、在宅医療との併診。二人主治医制とその課題。

55
0から出来る! HPVワクチンの導入

56
JPCA教育講演コアシリーズ - JPCX ⑤

   は事後オンデマンド配信あり、   は事後オンデマンド配信なし


9月24日(土) 現地
01. 臨床と宗教について考えてみよう!かなしみと喪失にどう向き合うか?
鳥取大学医学部地域医療学講座 孫 大輔
医療法人社団鉄祐会 祐ホームクリニック/上智大学グリーフケア研究所 井口 真紀子
上智大学大学院実践宗教学研究科 井川 裕覚

宗教ってなんだか怖いし怪しくて苦手... そんなふうに思っている方は多いのではないでしょうか。病む人に関わるということ、 それはかなしみと喪失をともに生きることでもあり、このことと宗教は切り離せない関係にあります。はるか昔から人間にとって重要な意味をもってきた宗教について一緒に考えてみませんか?宗教者・死生学研究者・家庭医からなる企画チームから話題提供のあと、 グループディスカッションを通して内容を深めてゆく予定です。
教育セッションコード:25. 緩和ケア/人生の最終段階におけるケア, 49. その他
02. 血ガス・ハンター Part 1 (代謝編)
札幌東徳洲会病院 増井 伸高
救急や腎臓内科を専門としないプライマリ・ケア医向けに、血液ガス検査を用いたコモンディジーズ(代謝性疾患)への初期対応について解説する。 (実は不正確な)Anion Gapを使用しない時短血ガス評価法、それに続く具体的なアクションについても解説する。参加型講義で実症例を模擬体験し、 受講後に完璧な血液ガス診療を習得する。Part 2(呼吸編)と続けて受講することでより深く・広く学ぶことが出来る(Part 1単独でも受講可能)。
教育セッションコード:17. 診断学/ヘルスアセスメント, 18. 検査, 27. 救急医療
03. Virtual realityで学ぶ在宅医療
慶應義塾大学 春田 淳志
慶應義塾大学 安藤 崇之
慶應義塾大学 百武 美沙
在宅医療の教育は限られた空間と時間のなかで実践するため、指導医や多職種とあとで振り返ることが多く、生活者の視点を考えたり、 そこにいる人の表情や環境の観察などを見逃すことも多い。このWSでは生活者としての患者・家族の視点や生活環境について、 没入感を高める効果のあるVirtual realityのゴーグルをみながら理解することで、在宅医療を振り返ることを目的とする。
教育セッションコード:8.統合されたケア,24.高齢者のケア,26.在宅医療
04. HIV診療の疑問、なんでも答えます。
国立病院機構東埼玉病院 塚田 訓久
南奈良総合医療センター 感染症内科部長 宇野 健司
日本バプテスト病院 総合内科医長 来住 知美
大阪市立総合医療センター 感染症内科部長 白野 倫徳
市立伊勢総合病院 内科・総合診療科副部長 谷崎 隆太郎
医療法人メファ仁愛会 マイファミリークリニック蒲郡 中山 久仁子
大阪大学医学部附属病院 感染制御部講師 松尾 裕央
HIV診療に関する基礎的な講義のあと、質疑応答を中心に進めるWSです。 参加者の皆様から寄せられた疑問に対して、豊富なHIV診療経験をもつ講師陣が魂を込めて回答します。 質問は、医学的なものに限りません。 普段なら「こんな質問したらヤバいんじゃないか」と躊躇してしまうような質問でも構いません。 例えば... 「プライマリ・ケア医が関わると患者さんに迷惑をかけそう...」 「近くに拠点病院があるのに手を出したら怒られませんか?」 「医者が受け入れOKでも、専門の看護師や薬剤師がいなければ無理じゃない?」 ただし、臨床の疑問には、普遍的な回答が存在しないものも多くあります。 各講師が返すのは、個人の回答にすぎません。 質問して下さる貴方も、共同回答者です。 一緒に答えを探しましょう。 ハードルが高そうに見えるかもしれませんが、ご心配には及びません。 HIV診療への関心さえお持ちであれば、知識や経験のレベルは問いません。 先入観のない方からの質問は、業界の常識に縛られて専門家側からは見えなくなってしまっている問題に気付くチャンスにもなります。 どのような方が読むかわからないガイドラインや教科書には載っていないあれこれについて、本音で語り合う時間になればと思います。 もちろん、事前に質問を準備していただく必要はありません。 参加したからといって発言しなければならないということもありません。 すみっこからそっと覗きたいという方のご参加も大歓迎です。
教育セッションコード:4.多疾患併存,10.慢性疾患のケア,32.セクシュアルヘルス
05. 診療所で診るCKD患者と栄養指導定員に達しました
湘南鎌倉総合病院 総合診療科 山田 一輝
湘南鎌倉総合病院 腎臓病総合医療センター 小林 修三
湘南鎌倉総合病院 腎臓病総合医療センター 日髙 寿美
湘南鎌倉総合病院 腎臓病総合医療センター 藤原 直樹
湘南鎌倉総合病院 栄養管理センター 伊藤 典子
まつむらファミリークリニック 松村 伸
湘南鎌倉総合病院 総合診療科 熊谷 知博
湘南鎌倉総合病院 総合診療科 山田 拓也
湘南鎌倉総合病院 総合診療科 福田 麻里奈
湘南鎌倉総合病院 研修医 小林 功樹
慢性腎臓病(CKD)は世界的にも増加傾向で、我々プライマリ・ケア医が初期評価やフォローを行う機会も増えています。 従来から行われている「蛋白制限」は、フレイル、サルコペニアという問題、そしてウェルビーイングな生き方という全人的医療を考えれば、専門医だけでなくプライマリ・ケア医も携わるべき問題です。 CKDにまつわる、実臨床でよく遭遇しかつ重要なポイントを、腎臓内科医、管理栄養士とともにディスカッションしていきます。
教育セッションコード:16.一般的な症候への対応と問題解決,21.栄養・食事,24.高齢者のケア
06. 続.医者の知らない法律の世界!~知っておくべき法律関係の問題のお話~
まつむらファミリークリニック 松村 伸
日野・田村法律事務所 田村 雅樹
医療加護訴訟は毎年700~800件の医療関係訴訟事件がありますが、巻き込まれないようにするにはどうしたら良いのか?日常診療ではあまり問題とならない法律問題ですが、知らなければ足元をすくわれてしまうことは多々あります。医師法4条や7条2項、 その他医者が知っておいた方が良い法律の話を医療過誤の専門である田村弁護士から直接質問をして聞いてみましょう。
教育セッションコード:44.教育と生涯学習,48. 組織マネジメント,49.その他
07. 摸擬データを使って地域の健康づくりを立案しよう
県北西部地域医療センター国保白鳥病院 廣瀬 英生
県北西部地域医療センター国保白鳥病院 後藤 忠雄
県北西部地域医療センター国保白鳥病院 伊左次 悟
県北西部地域医療センター国保白鳥病院 藤川 耕
県北西部地域医療センター国保白鳥病院 黒川 大祐
今回は、仮想の地域である人口1000人のA地域が舞台である。あなたはその地域にあるただ一つの診療所の医師(もしくは保健師である)。 今あなたの目の前には、1000人を10年追跡した地域のデータ(年齢、性別、一般健診データ、死亡状況、心血管イベントの発症状況)が分かっている。これらのデータを使って、この地域に対して自分はどのような健康づくりをすればよいか?を考える
教育セッションコード:3. 健康の社会的決定要因(SDH),5. 地域志向のケア,46. 公衆衛生(疫学・生物統計学、医療政策・医療経済学、感染管理を含む)
08. 漢方を楽しもう
みどり薬局 坂口 眞弓
ななしま薬局 七嶋 和孝
みどり薬局 栁 直樹
生薬や漢方薬は、保険診療でもOTCでも良く使われています。以前は民間薬ともいわれ多くの方に身近に感じてもらっていたものです。最近は煎薬よりエキス剤が主流となっています。 本物の生薬を使い、漢方(生薬)を感じてもらいたいという目的で本WSを企画しました。 実際に手に取り、においを感じ、味をたしかめてください。薬膳についても紹介します
教育セッションコード:1.家族志向のケア,20.薬物治療,21.栄養・食
09.シン・家庭医療専門医時代のメンタルヘルス診療
杏林大学 医学部 精神神経科 今村 弥生
鉄蕉会 亀田ファミリークリニック館山 河田 祥吾
筑波大学医学医療系 地域総合診療医学 横谷 省治
東急株式会社 東急病院 心療内科 森屋 淳子
医療福祉生協連課程医療学開発センター/久地診療所 喜瀬 守人
福井大学大学院地域総合医療学コース 新野 青那
三重大学医学部 亀山地域医療学講座 若林 英樹
聖マリアンナ医科大学 総合診療内科 家 研也
軽症うつ病、不安、一見軽そうな睡眠障害など、プライマリ・ケア診療で高頻度に遭遇する精神疾患・メンタルヘルスの諸問題について、参加者を巻き込んだワークショップで学びます。 ありそうでなかった家庭医・精神医療者双方の立ち位置から、 メンタルヘルス問題の「診かた」を見直し、より実践的な技法を検討します。 このプログラムはメンタルヘルス委員会がお送りいたします。
教育セッションコード:10.慢性疾患のケア,15 一般的な疾患・病態に対するマネジメント,34.メンタルヘルス・行動科学
10. Mapping Uncertainty in Medicineで、プライマリ・ケアの不確実性を学びほぐす
大山町国民健康保険大山診療所/鳥取大学医学部地域医療学講座 井上 和興
向陽台ファミリークリニック 大塚 裕眞
鳥取市立病院 総合診療科 懸樋 英一
鳥取市立病院 総合診療科 櫻井 重久
鳥取大学医学部 地域医療学講座 孫 大輔
沖縄県立八重山病院 内科 立花 祐毅
鳥取大学医学部 地域医療学講座 谷口 晋一
ファミリークリニック加古川 朴 大昊
鳥取大学 医学部医学科 地域医療学講座 李 瑛
みなさんは、何をしたらいいかわからない状態に陥ったことはあるでしょうか?プライマリ・ケアや地域医療の現場では、 今後の経過が予測不能で何をしたらいいかわからなくなる健康/マネジメントなどの問題で溢れています。そのような不確実性に直 面したとき、どのように捉えるかの方法論としてMapping Uncertainty in Medicine(MUM)があります。この企画は、不確実性の高い事例をMUMで構造化することで、不確実性にあふれたあなたの現場に対峙する思考プロセスを学びほぐすことをめざします。
教育セッションコード:9. 複雑困難事例のケア,48.組織マネジメント
11. 血ガス・ハンター Part 2 (呼吸編)
札幌東徳州会病院 救急科 増井 伸高
救急や呼吸器内科を専門としないプライマリ・ケア医向けに、血液ガス検査を用いた呼吸不全診療の解説をする。血液ガスの適応・解釈だけでなく、具体的なアクションについても解説する。参加型講義で実症例を模擬体験し、受講後は完璧な呼吸不全の血液ガス診療を習得する。さらに呼吸+代謝不全となる混合性病態についても解説する。 Part 1(代謝編)と続けて受講することでより深く・広く学ぶことが出来る(Part 2単独でも受講可能)。
教育セッションコード:17. 診断学/ヘルスアセスメント,18. 検査,27. 救急医療
12. 湘南鎌倉流!創傷処置実践と現場への落とし込み
湘南鎌倉総合病院 内科 熊谷 知博
湘南鎌倉総合病院 救急総合診療科 澁谷 大樹
まつむらファミリークリニック 松村 伸
湘南鎌倉総合病院 総合診療科 山田 一輝
医療法人徳洲会 湘南藤沢徳洲会病院 臨床研修センター 工藤 道広
湘南鎌倉総合病院 総合診療科 福田 麻里奈
湘南鎌倉総合病院 総合診療科 和田 啓太郎
和泉市立総合医療センター 総合診療科 名嘉 佑貴
医療法人沖縄徳洲会 湘南鎌倉総合病院 総合診療科 山田 拓也
湘南鎌倉総合病院 総合診療科・緩和ケアチーム 宇井 睦人
湘南鎌倉総合病院 総合内科 瀬戸 雅美
いざ創傷処置! 縫合、ステイプラーなどを使った創傷処置のワークショップに加えて、 経営的視点からみた創傷処置のメリット/デメリット、そして当院で実施している”急性期訪問”も含めた現場への落とし込みについても学びます。
教育セッションコード:15. 一般的な疾患・病態に対するマネジメント,19. 手技,26. 在宅医療
9月25日(日) 現地
13. ポートフォリオ道場~薬剤師版~
アップル薬局 小岩店 小見川 香代子
広島大学病院 小林 知貴
綾部薬局奈良北店 鈴木 邦子
ベガファーマ株式会社くるみ薬局 河内長野店 竹内 あずさ
みどり薬局 坂口 眞弓
「ポートフォリオが書けない!」「ポートフォリオって難しい」「本を読んでも良くわからない」そういった悩みをよく聞く。忙しい日々の中で、ひとりで完成させるには苦労することが多い。今回、ポートフォリオ道場で、ワンランク上のポートフォリオが書けるようにセミナーを開催する。 ポートフォリオ作成のコツをつかみ、洗練されたポートフォリオを仕上げることを目指していく。
教育セッションコード:49.その他
14. こんな取り組みあったらいいな、だって私の思いが広がるんだもん! ―施設内多職種連携の基盤強化を考える―  
県北西部地域医療センター国保白鳥病院 廣瀬 英生
県北西部地域医療センター国保白鳥病院 後藤 忠雄
県北西部地域医療センター国保白鳥病院 伊左次 悟
県北西部地域医療センター国保白鳥病院 藤川 耕
県北西部地域医療センター国保白鳥病院 黒川 大祐
地域包括ケア、総合診療の実践には施設内の多職種での連携が不可欠ですが、その前にあなたの思い、例えば総合診療の考え方や今後の施設の在り方などはうまくあなたの施設内で共有できているでしょうか?そもそもそうしたことのできる組織基盤は構築されているでしょうか?今回は私たちの施設の取り組みを事例として、 スタッフ間での連携基盤強化のコツや仕方を皆さんとともに議論し、明日からの取り組みを考えてみたいと思います。
教育セッションコード:6.チーム医療・ケアの調整や移行,48. 組織マネジメント
15. 症例をもとに行う教育カンファレンスの進め方(指導医養成講習会受講単位付き)定員に達しました
筑波大学医学医療系 地域総合診療医学 横谷 省治
唐津市民病院きたはた/唐津市総合診療教育センター 秋山 瞳
高知大学医学部医学科家庭医療学講座 阿波谷 敏英
大阪家庭医療・総合診療センター/相川診療所 大島 民旗
家庭医療専門研修では「専攻医の教育を主目的にした症例カンファレンス」を月1回以上開催することが求められています。症例をもとに家庭医療のコアとなる概念の理解を深め実臨床に応用していくもので、進め方のコツを学びます。グループワークでは模擬カンファレンスを行いながら、 皆さまのご経験も共有いただきます。
認定指導医の更新のための指導医養成講習会受講単位1.5単位が得られます。指導医でなくてもご参加いただけます。
教育セッションコード:44. 教育と生涯学習
16. コミュニティホスピタルを動かす重要評価指標(KPI)とは?
頴田病院 総合診療科 吉田 伸
医療法人博愛会 頴田病院 本田 宜久
医療法人 川崎病院 総合診療科 松島 和樹
藤田医科大学 連携地域医療学 大杉 泰弘
帝京大学医学部 救急医学講座総合診療科 金城 謙太郎
美祢市立病院 木安 貴大
コミュニティホスピタルとは、地域包括ケア病棟を有する200床以下の在宅療養支援病院であり、総合診療医(家庭医)により外来・病棟・在宅のシームレスなケアを住民に届けることを目標とする。我々は有志でCommunity Hospital Japan(CHJ)を立ち上げ活動しているが、最近多い質問として、コミュニティホスピタルの新規立ち上げ時に病院単位、部門別の評価指標をどう絞り込み、測定し、現状のケアに統合すればよいかというものがあり、 このセッションでは参加者によるグループワークでの討議ののち、実践者によるKPIとその運用例を、経営・教育・医師リクルートの観点に分けて紹介する。
教育セッションコード:6. チーム医療・ケアの調整や移行, 47. システムに基づく診療(患者安全・質改善を含む) ,48. 組織マネジメント
17. 専攻医のためのEBMポートフォリオ作成のコツ
社会福祉法人聖母会 聖母病院 総合診療科 南郷 栄秀
新・家庭医療専門医制度がスタートしましたが、リニューアルされたポートフォリオエントリーにも、 必修項目として「EBMの実践」のポートフォリオ作成が求められています。しかし、どうやって題材を選び、どうやってまとめればいいか困っている専攻医も多いと思います。 本セッションでは、参加者の皆さんに作成したポートフォリオを持ち寄っていただき、そ れらを互いに評価しながら、ポートフォリオ作成のコツを実践的に学びます。第18回秋季生涯教育セミナーの内容と同一です。
教育セッションコード:39. EBMの実践
18. Psychiatry In Primary Care プライマリ・ケア医のための初めての心療
医療法人社団奏愛会 信愛クリニック 井出 広幸
横浜つづき内科・心療内科CL 河原 正観
心療の経験が全く無い医師が、心療を学ぶセミナーです。PC医が診て良い症例をコンパクトかつ的確に選別し、実践的に治療する体系がPIPCです。 PIPCを導入すると、あなたの愁訴解決力は飛躍的に向上します。患者さんが満足するだけでなく、専門診療の効率が改善し、あなたの臨床観も変容するかもしれません。 100名を越える自院内科勤務医に心療を指導し続けてき た経験に基づき、コンパクト心療の要点を提供します。3年のブランクを経て、新規改訂したPIPCセミナーでお待ちしています。
教育セッションコード:2.患者中心の医療 , 16.一般的な症候への対応と問題解決 , 34. メンタルヘルス・行動科学
19. 医療人類学の使い方
文化人類学・医療人類学 磯野 真穂
医療人類学は、宗教人類学・象徴人類学を源流にしながら、20世紀後半にアメリカで立ち上がった人類学の1領域である。医学部のコアカリキュラムにも医療人類学は組み入れられており、本学問に関心を持つ医療者も多い。しかしこの学問をどう使えばいいのだろうか? 本発表では、発表者の著作を手がかりにしつつ、医療人類学の源流にまで立ち返りながら、実臨床・医学教育での生かし方を考えてみたい。
教育セッションコード:49.その他
20. 2022年度田坂賞受賞記念講演
社会福祉法人聖母会 聖母病院 総合診療科 南郷 栄秀
大阪医科薬科大学地域総合医療科学寄附講座 鈴木 富雄
「みんなでともに成長できること」(南郷 栄秀)
このたび、敬愛する鈴木富雄先生とともに第15回田坂賞を受賞し、大変光栄に存じます、私は研修医の頃からEBM教育に携わり、 ちょうど20年前に総合診療の世界に入ってからはプライマリ・ケアの普及活動にも尽力してき ました。1人でコツコツと勉強するのは苦手な一方、人に物事を伝えることが好きな私にとって、これまでの教 育活動は私自身の学びの歩みでもあります。生涯教育に掛ける熱い思いとともに振り返ってみます。

「忘れられないあの瞬間、あの言葉」(鈴木 富雄)
この度は田坂賞という栄誉ある賞をいただき、大変光栄に存じます。 また、多くの学会員の方々が参加される秋季セミナーでの講演の機会を 与えていただき、心より感謝いたします。誠にありがとうございます。 家庭医療・総合診療に関する様々な話題がこのセミナー中、議論される と思いましたので、今回は少し趣向を変えて、こんなタイトルにいたしました。 皆様方の医師人生の中でもこんな瞬間が何度もあったのではないでしょうか? 皆様方の心の中の「あの瞬間、あの言葉」を思い起こしながら、聞いて いただければ幸いです。
教育セッションコード:49.その他
21. キャリアカフェmini 
ダイバシティ推進委員会 芦野 朱
 尾崎 直人
柴田 淑子
鈴木 佳奈子
西村 真紀
牟田 吉寛
森屋 淳子
松村医院 松村 真司
みぞのくちファミリークリニック 高木 博
お昼休みのひとときキャリアカフェminiで交流しましょう。4つの企画を用意しました。定員は40名で出入り自由です。オンライン参加はできません。 感染症予防のため今回は茶菓子の用意がなく申し訳ありません。食事はできません。お飲み物はご持参ください。

★薬剤師のつどい
ホスト:牟田吉寛
薬剤師集まれ! コロナ禍で大変なこと、頑張ったこと、新たに始めたこと、これからやりたいこと、みんなと共有したいいろいろなこと…仲間と一緒に語り合いましょう。

★開業医の小部屋「すこしだけやさしく」
ホスト:松村真司(松村医院)・高木博(みぞのくちファミリークリニック)
コロナ禍で毎日逆風を受けつつも踏ん張っている開業医の皆さん&開業を目指す皆さん。そしてそんな開業医の日々を知りたい皆さん。 スタッフや家族にも言えないあんなこと、こんなことを、秋季セミナーの場をお借りして私たちがやさしく受け止めましょう。そしてすこしだけ元気を取り戻して帰りましょう。

★医師のパートナーのつどい(職種は問いません)
ホスト:尾﨑直人・鈴木佳奈子
医師のパートナー(家族)特有の苦労やあるあるなことを共有して、うまく生活していくための知恵や工夫を話し合いましょう。 うまくいったことや、うまくいっていないことを気軽に話せる場所にしたいと思います。

★リアルにおしゃべりしたい人集まれ!
ホスト:森屋淳子
薬剤師でも開業医でも医師のパートナーでもないけれど、せっかく現地参加したのだから、他の人とリアルにおしゃべりしたい!という方、お気軽にお立ち寄りください♪

こちらのキャリアカフェminiポスターもご覧ください
教育セッションコード:33. ダイバシティ, 34. メンタルヘルス・行動科学, 43. キャリア開発
22. 子ども虐待~対応から予防へ:私たちに求められること~
鴨川市立国保病院 小橋 孝介
総合病院旭中央病院 仙田 昌義
前橋赤十字病院 溝口 史剛
国立成育医療研究センター 総合診療部 窪田 満
津ファミリークリニック 矢部 千鶴
プライマリ・ケアの現場では、子ども虐待への対応だけでなく昨今体罰によらない子育てやヤングケアラーの問題など予防にも関わっていくことが求められている。今回当委員会ではプライマリ・ケア医に必要な小児虐待への対応から予防的な関わりまで、より実践的な内容を提供する。 尚、本WSでは、日本子ども虐待医学会の医療機関向け虐待対応啓発プログラムBEAMSのStage 1の公認コースとして受講後には同学会の受講認定証を発行する。
教育セッションコード:3. 健康の社会的決定要因(SDH), 15. 一般的な疾患・病態に対するマネジメント, 23. 幼小児・思春期の診療とケア
23. 激論!「いずれ来る死にそなえない」―名郷直樹氏と語り・悩み・考える―
武蔵国分寺公園クリニック 名郷 直樹
名瀬徳洲会病院 平島 修
大阪医療センター 松本 謙太郎
国立病院機構 栃木医療センター 矢吹 拓
「いずれ来る死にそなえない」 この衝撃的なタイトルの著作が世に生み出されたのは2021年12月のことでした。 「死を避けることは間違っている」「安楽寝たきり」「欲望形成支援」「テロリストとしての介護者」など、本書には衝撃的な言葉が並びます。 高齢化・多死社会を迎えた我が国において、医師とは医療とはいったい何なのでしょうか?死をどう考えたら良いのでしょうか?  本講演では「いずれ来る死にそなえない」の著者である名郷直樹氏をお招きし、著書を読み、悩み、考えた中堅医師達が「死をことほぐ社会」について多くの論点から議論を交わしたいと考えています。 当日は名郷先生による基調講演と各種論点に対するディスカッションの構成を考えています。
教育セッションコード:25.緩和ケア/人生の最終段階におけるケア, 35.コミュニケーション, 40.医療倫理
24. 理想の薬局とは~いま、薬局を開業するなら~
みどり薬局 坂口 眞弓
よりどころ薬局 寺井 竜平
なごみの薬局 なくすりーな日の出 吉田 聡
グリーンメディック薬局 多田 耕三
臨床研究に比し軽視されがちですが、医学研究においてケースレポートが果たす役割は大きく、 薬局は、調剤以外に、地域連携、健康サポートなど、地域住民の健康に関するさまざまなサービス求められています。 「薬局薬剤師の業務および薬局の機能に関するWG」では、地域における薬局間連携で「ハブ機能」を担う薬局を設ける案が提出されました。 一方、調剤報酬は年々さげられ、国に左右されない収入源を持たないと薬局の経営も厳しくなっています。 しかし、開業したい薬剤師は増えています。そこで、一歩先を行く薬局を経営している方からお話しを伺い、参加者でこれからの薬局の姿を描くWSを開催します。
教育セッションコード:49.その他
25. Multimorbidityを診療する上での手引き / 臨床現場での使用に向けて
ファミリークリニックなごみ 長 哲太郎
兵庫医科大学 総合診療内科 新村 健
高山市国保高根診療所 川尻 宏昭
湯沢町保健医療センター 井上 陽介
明石医療センター 石丸 直人
埼玉医科大学 総合診療内科/HAPPINESS館クリニック 木村 琢磨
高齢者医療委員会「Multimorbidity」 グループでは、2017年の秋季セミナーにおける「ワークショップ:Multimorbidity時代の総合診療医の高齢者診療」を皮切りに、諸外国の報告をふまえ、Multimorbidityを診療する上での手引きについて検討して参りました。今後、正式に公開に至るかは不明確ですが、委員会における作成資料としてはご呈示できる段階になって参りました。今回、その内容をご紹介すると共に、臨 床現場での使用に向けて、諸先生方からご意見を頂きたく存じます。 医師以外の職種の方をまして、多くの皆様のご参加をお待ちしております
教育セッションコード:4. 多疾患併存
26.あなたも明日から実践!医療の質や安全性を高める患者協働促進ツール【J-PEPT実践 -基礎編-】
東京慈恵会医科大学 総合医科学研究センター 臨床疫学研究部 青木 拓也
名古屋大学 栗原 健
練馬光が丘病院 総合診療科 小坂 鎮太郎
板橋中央総合病院 総合診療内科 安本 有佑
筑波大学大学院 システム情報工学研究群 吉田 智美
一般社団法人 医療開発基盤研究所 井上 恵子
練馬光が丘病院 薬剤室 榎本 貴一
難病サポートfamiliaやまぐち(なんふぁみ) 岩屋 紀子
Fabry NEXT(ファブリーネクスト) 石原 八重子
日本シナリオ作家協会 廣木 俊文
普近年、プライマリ・ケアにおいて医療の質や安全性を高めるために、従来の医療従事者中心の考え方に加えて、患者・家族の視点でケアの当事者の積極的な関与、つまり患者協働が重視されている。 これまで、我々は学術集会などを通じて、プライマリ・ケアにおける患者協働に関する理論や実践方法について、普及・啓発活動をおこなってきた。その際に基礎的な内容へのニーズ、「実際、患者協働はどう実践したらいいの?」「自施設で普及させる方策は?」などの声が寄せられた。 そこで、秋季セミナーでは、実際の事例のもと、「明日からおこなえる患者協働」をテーマに学習する機会を提供できればと考えている。
教育セッションコード:2. 患者中心の医療, 35. コミュニケーション , 47. システムに基づく医療
27. レジリエンスー過酷な環境を生き延びるための心理技術ーACT
横浜つづきクリニック 内視鏡内科 心療内科 内科 河原 直親
医療法人社団奏愛会 信愛クリニック 井出 広幸
第三世代の認知行動療法であるAcceptance and Commitment Therapyを学びます。一般内科医が行う心療内科でも、ACTをマスターすれば、薬だけに頼らない医療を実践でき、より深い充実感の持てる診療が可能になります。また、心理的に過酷な環境にさらされる医療従事者が、 自分らしさを保ち、自分の生きたい人生を生きるための心理技術にもなります。患者にも医療従事者にも有用なレジリエンスを獲得する技法を解説します。
教育セッションコード:42. 医療者自身のケア, 34.メンタルヘルス・行動科学
28. 実践! ひとりから始めるLGBTQsフレンドリーな医療機関 
飯塚病院 金 弘子
愛媛県立新居浜病院 麻生 佳織
松島海岸診療所 医科 菅野 耀介
長崎医療センター総合診療科 森 隆浩
訪問看護ステーション悠 吉田 愛仁
訪問看護ステーション悠 藤井 恵利
公益財団法人宮城厚生協会 泉病院 室谷 智子
頴田病院 丸山 淳也
ホームホスピスちぇろっと 中根 珠美
大阪医科薬科大学 医学研究支援センター医療統計室 西岡 大輔
九州レインボープライド実行委員 青井 千賀子
九州レインボープライドボランティアスタッフ 青柳 香
フリーライター 牛島 彩
大阪医科薬科大学 医学部医学科 中田 優紀
ココイキ福祉サービス 田中 誠
LGBTQsフレンドリーな医療機関づくりのための知識と実践についてワークショップ形式でお届けします。 まるクル*が、独自に作成した「実装支援ツール」を用いて、性自認や性的指向に関わらず安心して受診でき、だれもが安心して過ごせる医療機関のあり方について共に学びましょう。 また一人から始める医療現場での実践についてディスカッションします。
*まるっとインクルーシブ病院の実装プロジェクトの呼称。https://note.com/id_med2020
教育セッションコード:3.健康の社会的決定要因, 32.セクシュアルヘルス, 47.システムに基づく診療
29. 湘南鎌倉より発信! 学びの多いカンファレンスの開き方
湘南鎌倉総合病院 総合診療科 和田 啓太郎
湘南鎌倉総合病院 総合内科 瀬戸 雅美
湘南鎌倉総合病院 総合診療科 山田 一輝
医療法人徳洲会 湘南藤沢徳洲会病院 臨床研修センター 工藤 道広
和泉市立総合医療センター 総合診療科 名嘉 佑貴
医療法人沖縄徳洲会 湘南鎌倉総合病院 総合診療科 山田 拓也
湘南鎌倉総合病院 内科 熊谷 知博
湘南鎌倉総合病院 総合診療科・緩和ケアチーム 宇井 睦人
湘南鎌倉総合病院 総合診療科 福田 麻里奈
「自分の病院で全体講演会・カンファレンスを開きたい!」 でもどうやってゲストを呼んだらいいのか、どうやって学びの多いカンファレンスが開催できるか悩んでいませんか?当院で国内外からゲストを呼び、 多くのカンファレンスを開催している先生と企画・運営に関するノウハウを学びましょう
教育セッションコード:44. 生涯教育, 48. 組織マネジメント
9月24日(土)WEB LIVE配信
30. 診断の質を高める~diagnostic excellenceとはなにか?~
関西医科大学総合診療医学 石丸 裕康
獨協医科大学 総合診療科 志水 太郎
練馬光が丘病院 原田 拓
獨協医科大学 原田 侑典
正確な診断を適切なタイミングで行うことが医療において重要なことは異論がないと思います。診断の質を高めるためには、個々の臨床推論能力の向上だけでなく、多職種関与などチーム医療、患者参画、システムへのアプローチなど多面的な介入が必要です。こうした取り組みは近年「diagnostic excellence」としてまとめられていますが、 本企画ではその内容について紹介し、プライマリ・ケアの場面での診断の質向上となることをめざしています。
教育セッションコード:2. 患者中心の医療, 6. チーム医療・ケアの調整や移行, 17. 診断学/ヘルスアセスメント
31. 地域志向アプローチワークショップ~みんなで体感!地域ケアのエッセンス~
福井大学 医学部地域プライマリケア講座 井階 友貴
湖東厚生病院 漆畑 宗介
福井大学医学部附属病院総合診療部/南越前町国民健康保険今庄診療所 新野 保路
王子生協病院、東京大学医学教育国際研究センター医学教育学部門 密山 要用
公立豊岡病院組合立出石医療センター 守本 陽一
秋田大学医学部附属病院 渡部 健
地域ケア事例集作成プロジェクトチームでは、この度、地域志向アプローチのエッセンスを言語化し、広く各地で参照いただけるエッセンスを、パターンランゲージの手法を用いて紡ぎました。地域ごとに事情が違うためにマニュアル化が難しい地域志向アプローチですが、共通のエッセンスを用いればどこでもうまく介入することができます。 できたてほやほやのエッセンスを用いて、楽しく地域志向アプローチを読み解いてみましょう!
教育セッションコード:5.地域志向のケア
32. 女性のキャリアとプロフェッショナルデベロプメント 定員に達しました 
University of Washington School of Medicine Family Medicine 西連寺 智子
J South-Paul Consulting Group South-Paul,Jeannette
浜松医科大学 医学部地域家庭医療学講座 井上 真智子
様々なライフステージを経験する女性は充実したキャリアを築くためには意図的に振り返り、定期的に調整し続ける必要があります。このワークショップを通して女性として医療現場で仕事すること、ワークライフインテグレーション、成功するためのサポートシステムの築き方などについて学びます。参加者は自分のキャリアに対する望み、その他の生活に及ぶ価値観やプライオリティ、自分の強みや特性、リーダーやチームメンバーとして活かせる強み、 パーソナルミッションステートメント作成などを通してキャリアと人生設計を考える機会を作ります。若手や中堅女性医師を対象とするセッションです。
教育セッションコード:14. プロフェッショナルアイデンティティ, 42. 医療者自身のケア, 43. キャリア開発
33. プライマリ・ケア遺伝診療のオーバービュー
淀川キリスト教病院 産婦人科 柴田 綾子
森町家庭医療クリニック 総合診療科 鳴本 敬一郎
浜松医科大学 臨床検査医学講座 岩泉 守哉
浜松医科大学医学部附属病院乳腺外科 小泉 圭
浜松医科大学医学部附属病院遺伝子診療部 小島 梨紗
名古屋大学医学部 地域医療教育学講座 宮崎 景
ゲノム医療は、プライマリ・ケアから遠く離れた専門性の高い領域だと感じていませんか?ゲノム医療に対する地域住民の関心が高まる中で、 プライマリ・ケア医は臨床遺伝学の基礎的なリテラシーやゲノム医療の動向を踏まえた診療スキルを修得する必要があります。 今年発足した「プライマリ・ケア遺伝学ワーキンググループ」より、明日からの日常診療に応用したくなる、がん、炎症疾患、慢性疾患、プレコンセプションなどに関わるプライマリ・ケア遺伝診療のオーバービューをお届けします。また、症例を通して、プライマリ・ケア遺伝診療を実際に経験してみましょう。
教育セッションコード:12. 予防医学と健康増進, 15. 一般的な疾患・病態に対するマネジメント, 17. 診断学/ヘルスアセスメント
34. JPCA教育講演コアシリーズ - JPCX ①
「プライマリ・ケアの皮膚疾患(アトピー・湿疹)」 矢吹 拓(国立病院機構 栃木医療センター )
「不眠」 久我 弘典(国立精神・神経医療研究センター 認知行動療法センター長)
あなたの日常診療を拡張する、JPCA Education lecture Core Series(JPCX)です。このレクチャーシリー ズを聴講すれば、専攻医、指導医、実地医家とも日常診療に役立つ知識を習得できます、必要に応じてガイドラインや最近のエビデンスに触れつつ、様々な場で総合診療医として働くための知識を提供します。
教育セッションコード:15. 一般的な疾患・病態に対するマネジメント,16. 一般的な症候への対応と問題解決,39. EBMの実践
35. どうする?!リフィル処方箋
自治医科大学 地域医療学センター総合診療部門 山本 祐
公立置賜総合病院 総合診療科 高橋 潤
古川民主病院 佐藤 英之
ほし薬局 星 利佳
ほし薬局 栗原 智広
ひまわり薬局 城東店 川末 真理
2022年度診療報酬改定で処方箋様式が変更され処方箋の反復利用(リフィル)が可能となった。その目的は膨らみ続ける医療費の削減と医師の多忙な業務の緩和としているが、その実用には様々な意見があり日本保険薬局協会は17.6%の実績であったと報告している。(2022年6月10日)処方箋を発行する医師の視点から、 処方箋を応需する薬剤師の視点から「リフィル処方箋」を解像度を上げて見ることで、この制度をどのように活用できるのか考える。
教育セッションコード:49.その他
36. プライマリ・ケア医のための「外来カルテの崩し方」
札幌医科大学 総合診療医学講座 佐藤 健太
外来でのカルテの書き方、困っていませんか? 型を無視した「自己流メモ」は、後で読んでもピンとこない。 正しい「カルテの型」通りに書こうにも、外来では直感的診断で回ってるから書くべき情報もない。 そんな悩みを抱えるベテラン医師のために、カルテ記載に関連する文献的な分類・ルール・方法論も示しながら「プライマリ・ケア医の外来診療に適した”カルテの型の崩し方”」を伝授します。
教育セッションコード:11. 未分化な健康問題・不確実性,10. 慢性疾患のケア,4. 多疾患併存
37. 家族図道場~2022年秋の陣~
岡山家庭医療センター 田中 道徳
ひまわりクリニック 宮本 侑達
聖路加国際病院心療内科 山田 宇以
亀田ファミリークリニック館山 河田 祥吾
 家族志向のケアの根幹の一つ”家族図”。 家族メンバー、同居家族、関係性・・・“家族”が目に見える形で現れる、それが家族図。一目見ただけで家族の全体像を把握できる。そんな利点を日々感じて活用されている先生方が多いのではないでしょうか。しかし、実は家族図には“目に見えない世界”が隠れています。ライフサイクル、構造、機能など想像の先には何が広がっているのでしょうか・・・。 家族図のその裏をどう覗くか、家族図の深いアセスメント技術を一緒に学びましょう。
教育セッションコード:1. 家族志向のケア
38. ケースレポートを書こう!-acceptされるために必要なこと- 2022実践編
神戸大学大学院 地域医療支援学部門 見坂 恒明
兵庫県立 丹波医療センター 合田 建
自治医科大学 地域医療学センター公衆衛生学部門 小佐見 光樹
沖縄県立八重山病院 内科 立花 祐毅
公立宍粟総合病院 内科 鎌田 百香
公立宍粟総合病院 内科 水谷 直也
公立豊岡病院 出石医療センター 高田 京加
公立豊岡病院 総合診療科 隈部 綾子
兵庫県立丹波医療センター 内科 森 寛行
臨床研究に比し軽視されがちですが、医学研究においてケースレポートが果たす役割は大きく、臨床医学を切り拓いてきたのはケースレポートです。しかし、臨床研究に比し、ケースレポートはacceptされるのが難しく、paper writingの腕の見せ所で、書き方の原則を知る必要があります。疾患頻度が「稀」なだけでは、論文化できません。企画者らのグループは、Pubmed収載誌に多くのケースレポートを掲載していますが、実際のレポートをもとに、どのようにレポートの構成を考えて、acceptされたのかを提示します。また、事前参加予定者からケースレポートを検討している症例を募り、 論文化の可否や、acceptされるためにはどのような方向性にすればよいかを実際に指導、例示します。
教育セッションコード:45. 研究,39. EBMの実践,43. キャリア開発
39. JPCA教育講演コアシリーズ - JPCX ②
「HIV」 内藤 俊夫(順天堂大学医学部附属順天堂医院)
「骨粗鬆症」  南郷 栄秀(社会福祉法人聖母会 聖母病院 総合診療科)
あなたの日常診療を拡張する、JPCA Education lecture Core Series(JPCX)です。このレクチャーシリー ズを聴講すれば、専攻医、指導医、実地医家とも日常診療に役立つ知識を習得できます、必要に応じてガイドラインや最近のエビデンスに触れつつ、様々な場で総合診療医として働くための知識を提供します。
教育セッションコード:15. 一般的な疾患・病態に対するマネジメント,16. 一般的な症候への対応と問題解決,39. EBMの実践
40. 冷えの漢方治療ーCommon Diseaseに活かすー
飯塚病院 漢方診療科 吉永 亮
現代医学的に冷えは病気とは考えにくい症候ですが、漢方治療ではもっとも重要視する病態です。冷えを意識した漢方治療ができるようになると、 日常診療でよく遭遇する風邪、痛み、頭痛、下痢などの治療が上手にできるようになります。冷えに対する漢方治療を参加者の皆様と双方向性に議論しながら解説します。
教育セッションコード:36. 統合医療,20. 薬物治療
41. 外来/訪問診療でいかに患者/家族の生活を診るか
筑波大学 後藤 亮平
慶應義塾大学 春田 淳志
外来/訪問診療を行う際、医学的情報だけでなく患者の生活状況を聴取し、必要に応じて他職種に情報共有することで、患者/家族の生活を支えていくことはプライマリ・ケア医の役割の一つであるが、医学教育では患者の生活を診る視点や方法を学ぶ機会は少ない。そこで今回、在宅生活における日常生活の自立と社会参加の促進を目的とする訪問リハビリテーションに関わるセラピストから生活を診る視点を学び 、医師としてこれらの視点を外来/訪問診療でどのように活かすことができるのか、診療場面の映像を用いて考えるワークショップを企画した。
教育セッションコード:30. 障害とリハビリテーション,35. コミュニケーション,26. 在宅医療
42 みんなで若手の研究をサポートしよう!研究指導のFaculty Development
横浜市立大学 金子 惇
東京慈恵会医科大学 臨床疫学研究部 松島 雅人
広島大学 吉田 秀平
京都民医連あすかい病院 内科 片岡 裕貴
聖マリアンナ医科大学 総合診療内科 家 研也
三重大学 市川 周平
東京慈恵会医科大学 総合医科学研究センター 臨床疫学研究部 青木 拓也
東京慈恵会医科大学 杉山 佳史
岡山協立病院 総合診療科 一瀬 直日
唐津市民病院きたはた 大野 毎子
福島県立医科大学 鈴木 雅雄
かまくらファミリークリニック 大石 愛
専攻医や若手からの研究相談で困っていませんか?アイデアは面白そうだが実現可能か分からない、方法の部分で自分がどこまで指導できるか自信が無い、相談先が無い、倫理委員会がない、研究資金が無い、自分の施設だけでは対象者が集まらないなどなど。 事前アンケートで研究指導をされている皆さんのお悩みを収集→当日はそれに対する研究支援委員会メンバーからのミニレクチャー+参加者の皆さんが足りない部分を互いに補い合い、 明日からの研究指導につながるネットワークを持って帰って頂くワークショップです。
教育セッションコード:44. 教育と生涯学習,45. 研究
43. 気候変動 X プライマリ・ケア
医療生協 こうせい駅前診療所 佐々木 隆史
国際医療福祉大学成田病院 総合診療科 梶 有貴
山口県立総合医療センター へき地医療支援部 横田 啓
京都家庭医療学センター ふくちやま協立診療所 寺本 敬一
福島県立医科大学 地域医療・家庭医療学講座 喜多方市地域・家庭医療センター 豊田 喜弘
山口県立総合医療センター へき地医療支援部 横田 啓
札幌在宅クリニックそよ風 和田 吉生
もはやプライマリ・ケア医の日常臨床と切っても切り離せなくなった熱波・豪雨などの気候災害。その気候災害を緩和させるために必要な温室効果ガスの削減。気候変プライマリ・ケア的な知識や、プライマリ・ケア医がそのために出来ることの知識に加えて、今回のWSでは、自身の医療機関がどれだけ温室効果ガス削減対策を行っているか、その評価をイギリスGreen Impactをベースにして点数形式で出していきます。 具体的には、水、節電、処方、社会的処方、移動、職員教育などの項目です。参加者間でのディスカッションも企画しています。
教育セッションコード:3. 健康の社会的決定要因(SDH),28. 災害医療 ,46. 公衆衛生
44. JPCA教育講演コアシリーズ - JPCX ③
「パーキンソン病」 井口 正寛(福島県立医科大学)
「便秘」  三原 弘(札幌医科大学 総合診療医学講座)
あなたの日常診療を拡張する、JPCA Education lecture Core Series(JPCX)です。このレクチャーシリー ズを聴講すれば、専攻医、指導医、実地医家とも日常診療に役立つ知識を習得できます、 必要に応じてガイドラインや最近のエビデンスに触れつつ、様々な場で総合診療医として働くための知識を提供します。
教育セッションコード:15. 一般的な疾患・病態に対するマネジメント,16. 一般的な症候への対応と問題解決,39. EBMの実践
9月25日(日)WEB LIVE配信
45. プライマリ・ケアの臨床に役立つワクチン
医療法人メファ仁愛会 マイファミリークリニック蒲郡 中山 久仁子
坂西医院 内科・小児科 坂西 雄太
亀田ファミリークリニック館山/亀田幕張クリニック 菅長 麗依
Family Medical Practice Hanoi 千葉 大
西岡記念セントラルクリニック 西岡 洋右
日本バプテスト病院 総合内科 来住 知美
長崎大学熱帯医学研究所/名古屋検疫所 守屋 章成
津生協病院 宮田 智仁
京都大学社会健康医学系専攻 予防医療学分野 松村 真実
聖路加国際病院 一般内科 西澤 俊紀
Life course immunization、
小児だけでなく生涯にわたり、ワクチンで予防できる病気があり、その人の年齢や状況に合わせて必要なワクチンがあります。 そして、withコロナ時代がまだまだ続く中、海外赴任などで国外へ渡航する人口は確実に増えつつあります。今後、あなたの外来でもそのような患者さんが増えてくるのは、間違いありません。 そんな時、あなたはどのようなアドバイスをしますか? かかりつけ医としてその人に合った成人に必要なワクチンを説明したり、渡航に必要なワクチンを勧めることはできますか。 われわれPC学会ワクチンチームは、6月の総会で帯状疱疹やHPV、風疹ワクチンを含めたアップデートな情報を扱いました。今秋11月23日には、ワクチン虎の穴セミナー2022でワクチンの基本と実際の総ざらいを予定していますが、今回特別に、虎の穴では触れない渡航ワクチンも、秋セミナーで扱うことにしました! 実際のケースを用いて、帯状疱疹や肺炎球菌、MRワクチンなど含めたルーチンワクチンにも触れつつ、渡航ワクチンについてどう考えれば良いか、その概要について効率よく学ぶ機会になればと思います。
教育セッションコード: 12. 予防医療と健康増進,18. 手技,35. コミュニケーション
46. ぶっちゃけどうなの?慢性臓器障害×マルモ
国立病院機構 栃木医療センター 矢吹 拓
南砺市民病院 大浦 誠
札幌医科大学 総合診療医学講座 佐藤 健太
高齢化社会を背景に慢性臓器障害やマルチモビディティの患者を診療する機会が増えています。非常にコモンなプロブレムである一方で,日常診療において具体的にどのように取り組んだら良いか、実践的な内容やTipsなどについて議論する機会はまだまだ少ないように思います。  今回、生活習慣病・慢性疾患ケア委員会では、再び佐藤健太先生と大浦誠先生をお迎えして、 慢性臓器障害×マルモについて様々な論点をぶっちゃけトークします。皆様から事前に質問も募集し,講師のお二人と議論を深めていきたいと思います。
教育セッションコード: 4. 多疾患併存,10. 慢性疾患のケア,15. 一般的な疾患・病態に対するマネジメント
47. マルチモビディティをバランスよく見るための妄想力を鍛えるカンファレンス(通称マルモカンファレンス)をやってみよう!
南砺市民病院 総合診療科 大浦 誠
国立病院機構大阪医療センター 総合診療科 松本 謙太郎
北陸大学高等教育推進センター 杉森 公一
金城大学 看護学部 大村 裕佳子
北陸大学 医療保健学部 關谷 暁子
青森大学 社会学部 竹林 正樹
日本大学歯学部摂食機能療法学講座 渡邉 真央
京都大学大学院医学研究科 社会健康医学系専攻 健康増進・行動学分野 坂田 昌嗣
似顔絵セラピー・医療とアートの学校・代表 村岡 ケンイチ
一級建築士事務所nenlin 簾藤 麻木
南砺市民病院 総合診療科 小川 太志
南砺市民病院 総合診療科 武島 健人
南砺市民病院 総合診療科 刑部 仁美
南砺市民病院 総合診療科 田村 義博
南砺市民病院 総合診療科 案浦 峻
南砺市民病院 総合診療科 伊藤 恭平
多疾患併存(マルチモビディティ:以下マルモ)は優先順位を決め,不確実な中で患者と意思決定を行い,過不足のない介入を複数の医師や医療・介護福祉専門職と連携・協働する総合力を試されます。本講演では筆者が実施している「マルモカンファレンス」を 実演しながら,マルモのみかたについて学んでいただきます。マルモ診療を知りたい専攻医や 医学生,マルモについて勉強してみたい多職種,マルモカンファレンスを導入したい指導医の皆様も是非ご参加ください。
*本セッションは事前収録を配信いたします。
教育セッションコード:4. 多疾患併存,9. 複雑困難事例のケア,11. 未分化な健康問題/不確実性
48. 家庭医・総合診療医こそスポーツ医学を実践しよう!
ファミリークリニックさっぽろ山鼻 松田 諭
安房地域医療センター 総合診療科 濱井 彩乃
順天堂大学医学部 スポーツ医学研究室  小松 孝行
順天堂大学 総合診療科 上村 公介
ファミリークリニック加古川 朴 大昊
スポーツ医学と言えば整形外科…いえいえ、そんなことはありません。実は幅広い診療能力が必要な、ジェネラリストに大変親和性が高い領域です。日常の診察室で、学校医や地域活動で、大会救護やチームドクターとして…活かせることがたくさんあります。でもあまり知られていないのが勿体ない!ぜひ一緒に学びましょう。本企画は、参加者がスポーツ医学活動に関わる 様々な診療領域、活動フィールドに具体的にいかせる、実践的なセッションにしたいと思っています。興味のある方、ぜひご参加ください。
教育セッションコード: 7. チーム医療・ケアの調整や移行,16. 一般的な症候への対応と問題解決,31. スポーツ・運動医学
49. JPCA教育講演コアシリーズ - JPCX ④
「気管支喘息」 森川 昇(静岡県立静岡がんセンター呼吸器内科)
「認知症」 渡邊 一久(名古屋大学医学部附属病院 老年内科)
あなたの日常診療を拡張する、JPCA Education lecture Core Series(JPCX)です。このレクチャーシリー ズを聴講すれば、専攻医、指導医、実地医家とも日常診療に役立つ知識を習得できます、 必要に応じてガイドラインや最近のエビデンスに触れつつ、様々な場で総合診療医として働くための知識を提供します。
教育セッションコード: 15. 一般的な疾患・病態に対するマネジメント,16. 一般的な症候への対応と問題解決,39. EBMの実践
52. 心不全多疾患併存ケースの公開症例ディスカッション(JPCA×U40HFコラボレーション企画)
愛仁会 明石医療センター 総合内科 官澤 洋平
南砺市民病院 大浦 誠
関西医科大学香里病院 総合診療科 小野 雅敬
聖隷浜松病院 循環器科・心血管カテーテル治療科 齋藤 秀輝
東北大学大学院医学系研究科 先制循環器医療学寄附講座 佐藤 宏行
兵庫県立丹波医療センター 内科 千田 有紗
明石医療センター総合内科 診療看護師 渡部 秀悟
第13回プライマリ・ケア連合学会学術大会で「心不全パンデミックに共に立ち向かう」を テーマにU40HFネットワークの心不全に取り組む若手循環器医師とシンポジウムを開催しました。その中で要望をいただいた心不全多疾患併存ケースについての症例ディスカッションを循環器・総合診療、双方のエキスパート、会場の質問も受け付けながら行いたいと思います。
教育セッションコード:4. 多疾患併存,10. 慢性疾患のケア,15. 一般的な疾患・病態に対するマネジメント
53. オンライン診療 診断学ことはじめ
頴田病院 総合診療科 吉田 伸
外房こどもクリニック 黒木 春郎
堀越内科クリニック 堀越 健
くぼたこどもクリニック 久保田 恵巳
周東総合病院 総合診療内科/柳井市平郡診療所長 陣内 聡太郎
JPCAのICT診療委員会では、2021年よりオンライン診療の診察とコミュニケーションのポイントを紹介するために、『オンライン診療診断学ことはじめ』というシリーズを開始し、委員が作成したシナリオにJaMITACより模擬患者をあて、座談会で振り返るスタイルの動画を作成した。このWSでは、こども・大人の風邪、高血圧、コロナ陽性自宅待機者、メンタルイルネスなどこれまでの動画ケースから、 参加者と共にオンラインならではの診察法やコミュニケーションについて討議し、診察の一例を紹介する。
教育セッションコード: 15. 一般的な疾患・病態に対するマネジメント,17. 診断学/ヘルスアセスメント,29.ICT・遠隔医療
54. 病院とプライマリ・ケア、在宅医療との併診。二人主治医制とその課題。
あおぞら診療所 川越 正平
大分大学医学部 総合診療・総合内科学講座 宮﨑 英士
飯塚病院 浦川 雅広
今立内科クリニック 江口 幸士郎
いくわ診療所 田中 啓太
よつばファミリークリニック 藤谷 直明
すべての住民にプライマリ・ケアの受け皿を。その際に盲点となるのが、すでに大病院の専門医に通院しているものの、 地域に相談できるプライマリ・ケア担当医を持たない人々です。特に進行がんや非がんターミナルの方では、病院医療の終了時期、在宅医療へのケア移行の遅れが問題となることもあります。在宅医療を含め生活の視点で包括的なケアを提供できるプライマリ・ケア医との繋がりは、これらの方々の助けとなるでしょう。今回のセッションでは二人主治医制のモデルを紹介すると共に、この活動をさらに広げるための議論、提言を行いたいと考えています。
教育セッションコード:6. チーム医療・ケアの調整や移行,25.緩和ケア/人生の最終段階におけるケア,26.在宅医療
55. 0から出来る! HPVワクチンの導入
市立福知山市民病院 川島 篤志
なにわ生野病院 婦人科/総合診療科 森村 美奈
淀川キリスト教病院 産婦人科 柴田 綾子
2022年4月よりHPVワクチンのキャッチアップ接種が開始され 12~16歳に加えて17~25歳の女性が無料接種できるようになりました。 また、2020年には自費にはなりますが、男性への接種も可能になりました。 本セッションでは、HPVワクチンの効果や副反応の基礎知識のミニレクチャーの後で 実際どのように説明するかや、現場でよくある質問に対してロールプレイングを通して実践を学びます。
教育セッションコード:12. 予防医学と健康増進,23. 幼小児・思春期の診療とケア,32. セクシュアルヘルス
56. JPCA教育講演コアシリーズ - JPCX ⑤
「関節リウマチ」 竹之内 盛志(一宮西病院 総合内科)
「貧血」 樋口 敬和(獨協医科大学埼玉医療センター)
あなたの日常診療を拡張する、JPCA Education lecture Core Series(JPCX)です。このレクチャーシリー ズを聴講すれば、専攻医、指導医、実地医家とも日常診療に役立つ知識を習得できます、 必要に応じてガイドラインや最近のエビデンスに触れつつ、様々な場で総合診療医として働くための知識を提供します。
教育セッションコード: 15. 一般的な疾患・病態に対するマネジメント,16. 一般的な症候への対応と問題解決,39. EBMの実践